ミシンのつづき。
b0091210_14333128.jpg

譲り受けたミシンですが、
こんなダイアル式の飾り模様が付いています。
これを、どこかに装着するのよね。。。。

ここかな?という場所があるのですが固くて開かないんです。

気になって色々調べたら、このミシンの型は
JANOMEさんのサイトの"ミシンの歴史資料館"に掲載されている
1964年(昭和39年)670型、ハイドリームでは無いかと思うのです。

40年以上経っても普通に動くなんて、性能がいいんですね。
当時の四萬円は今の価格でどれくらいなんでしょう?






先週の金曜日に職業用ミシンの話を聞きにミシン屋さんに行ってきました。
前は●UKI一辺倒だった職業(工業)用ミシンのなかで、今は変わりつつあるそうです。
●UKIさんは今は中国製に中身が変わりつつあるそうで、オススメしないとの事。

●rotherは、中身のシャフトが一体となっているので、故障した時に修理しにくい。
今のお勧めは JANOMEなんですって。
(回し者ではアリマセンよー)

ミシン屋さんでもいろんな系統があるので、いろんな所で聞くと違うかもしれません。

縫製工場などで使っている●UKIの工業ミシンは、昔のモデルの良いものを使っている。
とか、洋裁学校なんかで新しく買い変える時に導入されているモデルはここ。
とか、その道一本の人の話は聞いていて楽しいですね。



私のミシン、蛇の目に問い合わせのメールを出してみました。
現役復活できるといいんですが。
直線縫いは問題ないのでお休みになったら簡単なものを縫いたいです。


■追記■
b0091210_21491125.jpg


父に話をしたら
「あぁ、昔そのミシン借りてギターのケース縫った事ある」
というのでダイアルの変え方を聞いたら、
無理にこじ開け、半開きのままの状態に(涙)
<←証拠写真>


終いには「錆び付いてたんじゃないかー」ですって!!!
ムキーーーーーーっ。
怒りが収まりません。

くそぅ、頼むんじゃなかったかーーーッ(・Θ・;)
[PR]
by la_vie_mercerie | 2007-04-22 19:01 | Zakki
<< ANIMAL ALPHABET 2 Une machine à c... >>



No create , No life
by la_vie_mercerie
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
いろいろ
---

掲載してあるチャート等の入手先、お問い合わせにはご返答できませんことをご了承ください。
また、画像転載、複製はご遠慮ください。


--- Link
Flickr Photo
PictureTrail Photo
過去ログ

fotopus
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ブログジャンル
画像一覧